スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

2月の更新は、カメラ熱にかかった私






こんにちは、川上真鶴(@mazurukawakami)です。

2月の初めての更新となります。

今日の内容は、タイトル通り、カメラ熱にかかってしまった自分について書こうと思います。

私は小さい頃からカメラが好きで、少ない小遣いでいわゆるバカチョンカメラ(フィルムカメラ)を買って取り巻くってました。

それから社会人になってからデジカメが出て、私が初めて買ったのが、SONYのサイバーショットのP9です。





今はほぼ化石になっているメモリースティックというメモリーカードを使用するタイプなので、SONYのカメラ以外は使えないので、この点では失敗したと思いました。

それに専用バッテリーだから、純正の電池も高い。

しかし、手振れ補正がないデジカメにしては、腕にもよるけど、写りはまあ良かったですね。

その後はフィルムのカメラにハマってたのですが、フィルムの在庫がほぼ消えて、フィルムカメラの製造自体辞めたメーカーも出てきたので、次に買ったデジカメは、名機の一つと呼ばれる、富士フィルムのFinePix f31fdです。

富士のコンデジでは初めて顔キレイナビがあるので、カードがxDピクチャーカードの欠点を通り越して買ってしまいました。





しかし、貧乏になってしまったので、そのデジカメはヤフオクで売って、しばらくはカメラも携帯のカメラで我慢してました。

私が富士のカメラにはまったきっかけはやはりf31fdなので、お金ができた時にSDカード対応に限定で、今ではZ2000EXR、f70EXR、f100fd、f200EXR、Z1000EXR、f900EXR、S1(モニターが動かせるやつ)をいずれも中古でフリマサイトで購入しています。

後、デジカメを初めて作ったCASIOがデジカメの製造を辞めるので、超広角のZR4000を中古でフリマサイトで購入。

今のデジカメは、スマホのカメラと競争なので、それでデジカメの製造を辞めたメーカーもCASIO以外からも出てきて、富士も高級コンデジや一眼レフのみ製造となったので、これはさすがに値段的に手が出ません(泣)

それでも私の好みは富士フィルム。

手頃な値段で一眼レフと勝負できるコンデジを復活させて欲しいです。





本当をいうと、貧乏で手放したf31fdが欲しいが、SDカードが主流で、Wi-FiのSDカードも出てるし、xDピクチャーカードもなかなかないから諦めて、f200EXRは手元にあるけど、Wi-Fi付で明るいレンズを積んでるXQ1またはXQ2がないから、お金ができたら中古になるが、ゲットしたいなと思う。

そろそろ子供も小学校入学だから、どのカメラを使おうかとワクワクします。

まあ、カメラ貧乏になりつつある私ですが、ギャンブルするよりはいいかと思うようにしてます。

早くコロナが収まったら、お出かけがてらにカメラ持って写真撮りまくりたい。

それでもフリマサイトで眺めるだけでも楽しいもの。





最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。