スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

突然エンジンの警告灯が点灯した件






こんにちは、川上真鶴(@mazurukawakami)です。

先日、実家から自宅へ帰る途中、何気にメーターを見たら、エンジンの警告灯ランプがついて焦りました!

私は慌てて安全なところへ停めてスマホで調べたのですが、アイドリングストップが働かなくなったのは目に見えていたので、バッテリーがおかしくなったのかなと思いました。

しかし、調べていくうちにエンジン自体がおかしい場合もあるとあり、新車で買って4年ちょいなのですが、これはおかしいなと思いましたが、念の為、車検を受けた(私の車のメーカーとは別の)ディーラーへ駆け込みました。

私は給料日前でお金がピンチだったので手持ちがいくらか伝えたら、お得意さんということで点検は無料でしてもらうことになりました。





お得意さんのお店で点検なら大抵の場合は無料でしてもらえます。

私の場合は特にエンジンからの異音はなく、むしろ普通に走っている音に感じましたので、バッテリーが寿命だろうと思いました。

点検でしばらく待たされた後、結果は、バッテリーもエンジンも異常はなかったとのこと。

ただ、吸気・排気系が一時的に異常な反応が出ていたときがあったようで、現在は正常であるので、信号の反応ミスだろうとのこと。

もちろん警告灯も消せるようにしてもらったとのことで、なんとか一安心。





ディーラーはきちんと見るのでその点では安心だし、ちょっとでも気になるところがあったら、容赦なくここが悪いと必ずいいますからね。

点検の後は何もないということで、自宅に帰りましたが、警告灯も消えていましたし、普通に走れました。

でも、何かあれば急いで点検に持っていくのは大事なことです。

なので、何か少しでも気になることがあれば車屋さんへ行きましょう!

お得意さんのお店なら無料で見てくれますからね。





今回は無料で何もないということでしたが、普通に走れても、センサーあるいは信号の反応ミスでエンジンの警告灯が付くときもあります。

幸い私の行ったところは良心的なディーラーでしたけど、中には儲けたいために余分な部品交換をするところもあるので注意しましょう!

車検は来年なので、それまで一回バッテリーを新しくないといけないな。

これから来年の車検まではバッテリー探しだ!

それまでマイカーに何かあればまた車屋さんだね!





最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です