スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

オールシーズンタイヤはアジアンメーカーも参入か






引用先:オールシーズンタイヤ 「SOLUS HA31」 の国内販売を開始 « クムホタイヤニュース

こんにちは、川上真鶴(@mazurukawakami)です。

韓国のタイヤメーカーのクムホがオールシーズンタイヤを発売すると発表がありました。

私が使っている軽自動車のサイズがあるかなとドキドキしながらホームページを見たら、14インチの軽自動車用のサイズがあったので嬉しかったです。

しかし、日本国内では、オートバックスドットコムオートバックスペイペイモール店のみの取り扱いが残念なところです。





オートバックスドットコムは、1本あたり1100円から(税込み)ですが、店舗受け取りに設定したら、取り付けることができます。

ただし、タイヤ廃棄料と窒素ガスを入れるお金とバルブ代は別料金ですので、持ち込み取り付けOKのタイヤ屋さんか車屋さんに直送して取り付ける方が安く上がる場合があります。

ペイペイモール店は取り付け工賃のチケットらしき設定がないのと、本家のドットコム店よりは格安なので、もし買うなら、ペイペイモール店で注文して、お店に直送の方がいいかもしれません。

後、マキシスというメーカーのオールシーズンタイヤもオートバックス独占販売なので、オートバックスがない人はかなり不便に感じますね。

今は通販があるから色々なタイヤを試す機会が増えています。





クムホは日本の現地法人があるので安心してもいいかと思いますが、日本に現地法人がないメーカーは、日本の基準での検査が行われてないことがあるので、不安な方は、日本のメーカーか、グッドイヤーかミシュランかピレリ、日本に現地法人があるメーカーがいいかと思います。

普段は大雑把な私ですが、タイヤに関しては、高速道路で2回パンクを経験したことがあるので、日本のメーカーか、外国のメーカーなら先ほどのグッドイヤー、ミシュラン、ピレリかなあ。

私は日本のメーカーは、ブリヂストンとトーヨータイヤとヨコハマタイヤは使ったことはあります。

現在はファルケン(住友ゴム、ダンロップタイヤと同じ会社です)のユーロウィンターHS449を使っています。

価格:5,809円
(2020/7/5 09:50時点)
感想(0件)

私はこれからつけるタイヤはオールシーズンタイヤにしようと決めました。





今の自宅にいる間になるけど、雪も年に数回程度で、お昼になったら解けるので、スタッドレスにする必要はないなと思ったから。

四国の太平洋側や海沿い地域は、スタッドレスはもったいない。

雪の時はノロノロ運転をして慎重に行けば大丈夫だし、チェーンを積んでいけば大丈夫です。

チェーン規制になれば、スタッドレスであろうとなかろうとチェーンはつけないと通れないからね。

オールシーズンタイヤはこれからどんどん増えていくことになるので、どのやつにしようか迷うけど、次に変えるときは、今のユーロウィンターのままにしようか、グッドイヤーのベクター4シーズンズかダンロップのオールシーズンマックスにも挑戦したいしと迷う。





というのも、現時点で私の車のサイズに合うのは、ユーロウィンターの他にはこの2つだけなので。

価格:6,860円
(2020/7/5 10:07時点)
感想(0件)

価格:6,600円
(2020/7/5 10:09時点)
感想(0件)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です