スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

木村花さんの死について思うこと






こんにちは、川上真鶴(@mazurukawakami)です。

先日、プロレスラーの木村花さんが天国へ召されました。

テラスハウスというバラエティ番組に出演していましたが、SNSでの誹謗中傷がきっかけでかなりのバッシングを受け、テラスハウスに出演するようになってからさらに激しくなり、それを苦に自殺したのではないかとされています。

享年22歳という若さでした。

木村さんのテラスハウスでのやり取りが問題視されていますが、あれは演出上であるし、本当の木村さんは根は優しい人なのです。





テラスハウスは打ち切りになったし、さらにフジテレビがバッシングされるのではないかと思います。

そして、木村さんを誹謗中傷したアカウントの特定探しもあったり、ネットはめちゃくちゃだと思いました。

木村さんの死によって、政府も誹謗中傷の件で動き始めたばかりですが、正直遅すぎと思います。

弁護士費用が高いから泣き寝入りする人が多いし、ネットで人生を狂わされた人はごまんといます。

そして、就職活動にも支障が出たりと、経験があっても雇ってくれないという状況がでて、人手不足に拍車がかかるのです。





私の住んでいる地域でも、誹謗中傷の書き込みをして、警察から厳重注意を受けた人もいますが、現状、犯罪予告をしない限りは刑事事件としては処理できない、厳重注意と反省文を書くだけなのです。

ネット担当の警察官が配属されている警察署もありますが、地方ほど少ないのが現実。

ほとんど民事裁判を起こさないといけないのが現実です。

弁護士費用もウン十万円かかるが、言論の自由という壁があるので、誹謗中傷のガイドラインをきちんとしないといけないと思う。

有名税というのは終わったと思いました。





何でもそうだけど、犠牲者が出たのをきっかけに新たな法律が作られるのだろうか。

日本はその点では住みにくい国だと思いました。

桶川ストーカー殺人事件がきっかけでストーカー規制法ができたのがいい例です。

犠牲者が出る前に食い止めて、それで新たな法律を作らないと、少子高齢化がますます進むと思います。

日本は世界でも一番治安がいい国で有名ですから、外国から見たらそれはショックを受けますよ。





事が起こってからでは遅いと言うのに、犠牲者を出さないように法律制定しないと、日本の人口も減ると思う。

いつになれば日本はそれに気づくのだろうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です