スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

コロナのデマはとどまることを知らない






引用先:「リア充」も影響? 山梨の感染女性、止まらぬデマ拡散 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

こんにちは、川上真鶴(@mazurukawakami)です。

新型コロナが日本で流行してもうすぐ4ヶ月が経とうとしています。

新型コロナに感染した人が、自分のその時の職場や行動を明かしたら、感染者や勤務先や家族の人に対して心無い誹謗中傷を浴びせるのが現実です。

山梨の女性の方は、実家に帰ったのも確かにいけないだろうけど、執拗に誹謗中傷をするのはどうかと思う。

高知県のコロナの感染者第一号の看護師さんは有る事無い事書かれて大変でしたし、愛媛のコロナの感染者第一号の方も有る事無い事書かれて大変でしたし、最悪引っ越しを余儀なくされることもあります。





コロナの影響で県外にも行くことができないし、ストレスも溜まるだろうけど、いくらなんでもやりすぎです!

そして、他県ナンバー狩りも問題になっています。

そんなことしたら犯罪になるし、たったそれだけのことで(と言ったら大げさですが)自分の人生を棒に振りたいのでしょうか?

誹謗中傷は立派な犯罪だし、中には物を投げ込まれたひともいたので、それは器物破損罪になるから。

コロナの影響で、感染者やその家族はなりたくてなったのではないのに肩身の狭い思いをしなければいけない。





コロナはこれから治る病気になるように今はワクチンや飲み薬の開発や承認を頑張っています。

誹謗中傷や自粛警察を名乗る人間は本当に暇人乙と思って相手にしないことです。

そういう人こそ自分が犯罪をしていることに気づかない実に哀れな人間ですから!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です