スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

電気自動車の普及への道のりは長い






引用先:【電気自動車は大して売れてない!】それでもガソリンスタンドが減少し続けている理由 | WEB CARTOP

こんにちは、川上真鶴(@mazurukawakami)です。

最近はガソリンも省エネということで、燃費のいい車が開発されたり、電気自動車の販売も始まって今日この頃ですね。

しかし、電気自動車は値段が高いのと、電気自動車用の給電ステーションがまだまだ完全に普及していないのもあって、確かに電気自動車は見かけないですね。

トヨタのプリウスやアクアは、プラグインハイブリッドのシステムを導入し、給電とガソリンの両方で動くようにはなったので、少しはハードルが下がったかと思います。

しかし、CO2の削減の絡みで、海外ではエンジン車の車の生産を廃止して電気自動車にシフトする動きが加速しています。





しかし、日本ではガソリン車が多いのが現実。

特に地方は車がないと不便なので個人経営のガソリンスタンドも多いし、ガソリンスタンドが減るというイメージはいまいち沸いてきません。

ご高齢で廃業というパターンがほとんどなので、燃費向上で売り上げが落ちて廃業というのは田舎では考えにくいですね。

最近はセルフのスタンドも安いというので増えてきましたからね。

しかし、日本も世界に基準を合わせるとなると、ガソリンスタンドは田舎でも減るだろうなと思います。





電気自動車の完全な普及となれば、電気自動車の、少しの電力でも長距離で移動できるように開発し、給電ステーションを増やしていかないことには普及が難しいのはないでしょうか。

そのためにも国からの補助も必要ですし、廃業になったガソリンスタンドへの給電ステーションへの変換を勧めたり、再就職先の確保をしたりしないと、このままでは失業者があふれ出ます。

特にこのブログを書いているときは新型コロナで不景気なので、なお不景気の対策はしてほしいですし。

日本が電気自動車の普及に当たっては、雇用対策の他にも、給電ステーションの普及と、電気自動車の少量の電力でも長距離で走れるように開発を続けないといけないことでしょう。

今のままではいつまでたっても完全普及は厳しいです。





最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です