スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

中国の無人コンビニが今は大変なことになっているなんて…






引用先:「中国スゴイ!」と持ち上げられた無人コンビニ、バブル崩壊でただの箱に――2019 BEST5 | 文春オンライン

こんにちは、川上真鶴です。

日本にはあまりなじみのない無人コンビニですが、海外ではぽつぽつと出てきていますね。

特に中国は、キャッシュレス決済がアジアではナンバーワンかと思うくらい普及していますね。

それに無人コンビニも続々と出店と、中国のバブルの象徴の一つが無人コンビニとは驚いたけど、米中の貿易摩擦の関係もあるのか、中国では、日本でいうバブル崩壊になり、無人コンビニももぬけの殻のような状態になっているなんて驚きました。

無人コンビニは、店内が無人である代わりに、入退店のスマホのアプリの操作が面倒で、特に夏や冬は外で厚さや寒さに耐えながらスマホで操作は正直しんどくて面倒であること。





人件費が浮くという以外は何もメリットもなかったということですね。

それに、一部のコンビニでは、夜間は無人化というテスト営業を行ったところもありますが、やはり、ロック解除が面倒で入店する人が少なく、それで売り上げがその分落ちたというデーターもあるほど。

それなら店員さんがいる方がそんな余分な操作をせずにすっと入れるし、その方が楽ですよね。

それか、野外の自動販売機を利用するかですね。

私も無人コンビニは、人手不足解消の手段の一つとしてはいい案かもしれませんが、セキュリティの関係もあったり、支払方法も現金はだめでカードか電子マネーのみと、現金派の人には不便です。





そして、RFIDのタグがコストがかかるのあり、値段に跳ね返っているので、これでは誰も利用したいとは思いませんね。

無人コンビニは、ホテルや大きな病院などのテナント内ならセキュリティ面では屋外と比べたらやたら心配する必要はないと思うので、テナント内での運営はありかもしれませんね。

セルフレジは、時間限定ですが、イオン系列の店舗では導入されていますね。

後、セミセルフレジも、レジの操作は店員さんで、自分でお金を投入するだけならありかと思います。

一部のスーパーでも導入されていますからね。





中国での例のように、日本では無人コンビニは、できるとしても、ホテルや大きな病院の建物内になるだろうなと思います。

店員さんがいる状態でのセルフレジはこれから流行るかなと思います。

セキュリティ対策を万全にした上ですが、人手不足解消の手段の一つになれば、セルフレジが当たり前の時代がくるかもしれないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です