スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

在宅ワークはルーティン化できる人は向いていると思った件






引用先:「在宅ワーク適性」がある人とない人。何がちがうのか。 | Books&Apps

こんにちは、川上真鶴です。

私も前のパート先に勤めていた時は、精神的にも追い込まれていたのもあり、在宅ワークを考えたことが何度もありました。

それでクラウドサービスでライターの仕事をしたりと、いわゆる兼業フリーランスをしていましたが、今は転職したばかりなのもあり、新しい職場での仕事はまだ慣れていないのもあり、今はブログを書くことに精一杯です。

私は家にいるのが好きなのですが、スマホよりテレビが好きなので、どうしてもテレビを見てしまいます。

スマホもゲームではなく、ニュースの記事やブログのネタ調べがメインですが、最近はYouTubeでスカッとジャパン的なマンガ動画も見るようになりました。





私の現在の仕事は人相手でもあるので、正直しんどい時があります。

しかし、前のパート先がひどかったのもあり、感覚麻痺しているのもあるけど、理不尽なことで怒る人はいないのでまだいい方かなと思います。

しかし、慣れていないのもあり、仕事から家に帰ると、買い物以外は外に出たくないので、ダラダラとテレビを見てしまうことが多く、私は在宅ワーク自体は向いてないのかなと思いました。

しかし、この引用先のコラムを読んで、筆者はルーティン化を実行していて、何時から何時までは仕事をして、それから自由時間という風に決めているそうです。

筆者も誘惑されやすい性格とありますが、慣れというものは恐ろしいもので、ルーティン化を心掛けていれば自然と慣れるものなのかと思いました。





でも、私の性格だと、筆者のようにできるかしらと思いました。

私は疲れたら休みたい派なので。

私は在宅ワークは案外向いてないのかな。

ブログは頑張って毎日更新するのがやっと。

1000記事までは毎日更新と宣言した以上はね。





1000記事までは今の職場とブログで頑張ろうかな、とりあえずは。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です