スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

孤独を治療する薬ってびっくりした件






引用先:「孤独を治療する薬」が開発されている – GIGAZINE

こんにちは、川上真鶴です。

最近、日本では高齢化社会になって、独居老人が増えたり、結婚しない人が増えてきて未婚で一人暮らしの人も増えてきました。

それに加えて、孤独死する人も増えてきました。

一人で寂しく暮らすことは、その分体調にも響き、心身ともに疲れ果てて病気になりやすく、孤独死する人が多いようです。

アメリカでは、孤独を治療する薬が開発されてるという内容のコラムがあったので引用させていただきました。





この薬を使った臨床実験の内容ですが、プレグネノロンというプロホルモン400mgを被験者に経口摂取させるという内容です。

シカゴ大学のカチョッポ氏によれば、プレグレノロンを摂取することで、孤独感を軽減できるとありますが、残念ながら、日本では臨床実験は行われていないので、日本でも臨床実験の機会がないものかと思います。

沢山の人に囲まれていても孤独感がある人もいれば、一人暮らしで寂しいとみられがちであっても、孤独感がない人もいます。

私は家族がいても、たまに孤独感がある時があります。

未婚の友人知人がうらやましいと思うときですが。





しかし、いつかは死を迎えるもの。

私は旦那が先立たれたり、子供が大人になって独立して一人になった時の対策を今から考えないといけません。

連絡とっている同級生ともけんかせずに仲良くお付き合いしなきゃだね。

私が定年退職するような年齢になった頃には、そのプレグネノロンは日本にも入ってきたらいいのですが、日本人は頭が堅いので医薬品に関してはウン十年経たないと許可が出ないほどなのでどうなるのやらです。

プレグネノロンが摂取できそうな食べ物も調べて積極的に摂取していかなくてはね。





やはり、人間は一人では生きていけないというのはこのことかと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です