スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

工場で仕事を考えている人や悩んでいる人は参考になると思うよ!






引用先:工場に向いていない人の特徴を約8年働いたベテランがまとめてみたよ|あこう@ど底辺の人生逆転ブログ

こんにちは、川上真鶴です。

私は接客業が嫌いなので工場の仕事が長くなりましたが、工場の仕事は、接客業が嫌いな人は、相手が従業員と作っている製品でOKなので(管理職はコミュニケーション力が必要ですが)精神的にも気が楽です。

工場の仕事が好きな私が仕事を自分から辞めるとなったら、人間関係で辞めるパターンです。

男性と女性とでは向いてない人は分かれますが、女性の場合は人間関係ですね。

女性は集団で集まりたがるので、仕事ができない人の悪口で盛り上がるものです。





それで辞めるパターンが多いです。

私の場合は、悪口は何とか我慢できる方ではあるけど、結婚を除いて②回自分から工場を辞めたことがあります。

1回目は、工場の仕事が向いていないと感じたことと、コミュニケーション能力がつかないなと感じたから、1年で辞めました。

それから接客業をしたのですが、お客さんからのクレームや、その会社がブラック企業だったのもあり、退職になりました。

2回目は、業績不振で製造も営業のようなことをしないといけなくなり、そして、リストラの嵐が吹き荒れていましたので、うつ病になりかけたのがきっかけです。





しかし、次の仕事が見つからないと辞められないので、見つかるまでは我慢していました。

幸いにも次が見つかったし、年齢的にもまだ若かったので運が良かったのですが、その会社は5年後に民事再生法で倒産しました。

2回目のところは、女性社員でも質の悪いおばさん社員がいたので、その人は気に入らない人を社長にチクってクビにさせたりしたというとんでもない人でした。

私は若かったから転職できたし、自分から退職ということができてこの点ではまだ不幸中の幸いでした。

そのおばさん社員はどうなったかは分かりませんが、私が退職した後、100人いた社員が、民事再生法で倒産したときは20人と大幅に減っていたので、もしかしたらリストラされたのかもしれませんね。





人間関係と会社がブラック企業に加えて業績悪化で退職ということになったわけですが。

私は工場の仕事自体は好きなので、ものすごく悩んだなあ。

入ってみないと分からないのが現状です。

女性には危険な作業はさせないという点では女性は働きやすいでしょう。

人間関係がモノ言うのはどの仕事でもいえると思います。





工場の仕事の人は、積極的にコミュニケーションを取ろうとする人が少ないので、その点では話好きや社交的な人は向いてないのかもしれませんね。

あこうさんのブログは参考になる点があるので是非とも読んでみることをお勧めします。

工場の仕事って底辺という人がいるけど、物を作って売るからつぶれることはないのです。

先物取引や証券会社は、物ではなくてお金なので、倒産のリスクがその分高くなると言われています。

日本は製造業で支えられているのだから、工場の仕事に誇りをもってもらいたいですね。





最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です