スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

ジャンクフードで失明は恐ろしいと思った件






引用先:毎日ポテチなどジャンクフードばかり食べた少年が失明。その裏にある怖い摂食障害とは « 女子SPA!

こんにちは、川上真鶴です。

毎日ジャンクフードばかり食べ続けて失明した少年がイギリスに住んでいて、失明した原因が、ビタミンやミネラル不足になり、視神経や聴覚神経に影響が出たとのこと。

怖いですね!

私は幸い、肉や魚より野菜が好きなので、現時点ではそんなことはないけど、やはり、タンパク質不足を気にしています。

その少年の場合は、摂食障害を幼いときに患っていたようで、野菜が食べられなくなり、野菜を食べさせようとすると、何も口にしなくなるので、仕方なくだったようです。





くだらない内容であろうと、野菜を食べなくて、そして、何も口にしないなら、その時点で病院に連れて行くべきだったでしょう。

小さい子供は抵抗力が大人より弱いから、ちょっとしたことでも病院に連れて行くことが多いけど、病院に連れて行くことがいかに重要なのか思い知らされました。

うちの子供も野菜が好きでないので、何らかの形で取らせるようにはしていますが、本当に大変。

そのつけが大人になるに連れて現るとなると、後悔する他ないです。

野菜ジュースなら、子供でも大人でも飲みやすいようにしているので野菜ジュースを利用してみましょう。





私の身内が潰瘍性大腸炎にかかったとき、野菜そのものは食べることができなくて、でも、ビタミンは取らないといけないからとのことで、野菜ジュースを摂るようにしていましたが、やはり野菜ジュースは便利だと思いました。

野菜ジュースを飲ませてないなら、飲ませても良かったのではないかと思います。

野菜ジュースも嫌いで飲まないなら、病院に連れて行くべきだった。

私はポテチも好きなのですが、毎日ポテチは飽きてしまうので、野菜が欲しくなることが多いです。

お子さんが野菜を食べなくて困っているなら、野菜ジュースを飲ませてみて、それでもだめなら病院ということにした方がいいでしょう。





子供の将来のことを考えてほしいものです。

明るい未来で過ごせるようにするためにも。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です