スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

公務員の婚活






引用先:「人気の職業」のはずなのに…婚活市場の問題児に「公務員」が多い理由 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

https://limo.media/articles/-/13590

こんにちは、川上真鶴です。

結婚相手に求めるものと言えば、やはり、安定した仕事についていることが一番の条件になろうかと思います。

そのなかでも旦那さんが公務員なら、なおいいですね。

しかし、公務員の男性は、職種にもよりますが、民間企業の経験がない場合、性格的に問題がある人が多いような気がします。

20代で結婚する人が多いのも納得。





私の知人男性の一人が、とある県の職員で働いていますが、その人は、40代になっても未だに独身なんです。

その男性は、相手に見返りを求めるところがあり、そして、現役で採用試験に合格したので、民間企業の経験もなく、人の傷みも分からないという性格で、これは結婚は厳しいなと思いました。

公務員はモテるイメージがありますが、性格的に問題があると、どの職業でも結婚は本当に厳しいです。

少なくとも、旦那の方がましだと思うほど。

私は婚活イベントで、公務員の方の参加者に会いましたが、その方は、介護の仕事ということで、公務員も色々な職種があり、介護だとシフトなので、なかなか出会いがないのかなと思いました。





公務員とくれば、国家公務員や、都道府県庁や市役所役場を思い浮かべるのは無理はないです。

他の職種だと、公立病院の医療職や、公立の介護とか、学校や保育園幼稚園の栄養士や調理師、保健師や保育士、学校の先生などがあります。

なので、公務員でも、色々な職種があることは頭に入れておかないと、婚活のときに、しまった、ということになりかねません。

そもそも、公務員で、事務職の人が婚活イベントに参加するということでしたら、性格的に問題があると思って間違いないです。

結婚したら、先は長いので、少しでも違和感があれば、結婚は急がない方がいいです。





納得いくまで話し合い、それでもダメなら別れて次に行った方がいいです。

そして、何のために婚活をしているのか考える必要があります。

この人と結婚してよかったと思えるような結婚をしてほしいからね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です