スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

田舎暮らしをしたい人は気を付けるべきことの一つ






引用先:田舎暮らし十カ条 – 宇和島市ホームページ

www.city.uwajima.ehime.jp
お探しのページを見つけることができませんでした。- 宇和島市ホームページ
https://www.city.uwajima.ehime.jp/site/teijyu/syoukou85.html

こんにちは、川上真鶴です。

最近は田舎に移住が流行っていますが、田舎に移住はいいこともあればそうでないこともあります。

今回のブログは、宇和島市のホームページから引用させていただきました。

田舎は給料がその分安い分、家賃も安いことが多いです。

小笠原諸島の父島と母島は例外ですが。





小笠原諸島は、東京からは交通手段は船だけなので、その分輸送コストもかかり、家賃も都内並みに高いのです。

宇和島市も南予地区では家賃が高いと言われていますので、家を借りる時はそのことは頭に入れておく手いいでしょう。

後、車がないと生活ができないので、車の免許がない人は、取っておくべきです。

後、人付き合いは田舎では普通にしているので、挨拶だけでもしておいた方がいいです。

私の自宅の近所はそんなに濃密ではありませんが、会ったら挨拶するようにはしていますし、隣のおばさんとは会ったら、サザエさんとはいかないけど、立ち話はしますね。





でも、中には村八分をする地域もあるので、移住する時は、お試し移住をするか、実際移住した人に話を聞くとかした方がいいと思います。

後は、移住者が多いところが安心でしょう。

宇和島市は、私の学生時代の友人が旦那さんの転勤で住んでいたことがありましたが、よそ者には冷たい地域だと言っていました。

幸い、友人はまた旦那さんの転勤で他の地域に引っ越しましたが、今はそれなりに楽しんでいるとのことで一安心。

宇和島はスシローやガストやコメダ珈琲などの全国チェーン店もあるし、まあまあ都会の部類に入るけど、住んでみないと分からないものですね。





愛媛ではありませんが、お医者さんがよそ者で村八分にされてころころと変わった村もあると聞きました。

お医者さんはなくてはならないものなので、村八分にするということが理解できません。

なので、田舎暮らしは、地方都市がいいと思う。

地方都市なら、中心部に家を構えたら、変な噂なんて気にしなくて済むし、スーパーもコンビニも何件かはあるので、日常の買い物に困らないのでお勧めです。

そして、地方の県庁所在地なら、沢山お店があるので不自由はしません。





プロブロガーのイケダハヤトさんは、最初は高知市に引っ越して、少ししてから本山町に移住をしたとありますが、二段階移住という形もいいかも知れませんね。

県庁所在地で人脈作って、それから田舎に移住というパターンは賢いやり方かもしれません。

私は実家も田舎なので、どこが便利でどこが不便でと分かるので、私は最悪でも車で15分以内にスーパーやコンビニがあれば基本的にOKかな。

田舎は、不便な分、物流コストの絡みで、物価は高いです。

しかし、ネット通販が普及しているので、生もの以外の商品なら、まとめて買えば送料が無料の所が多いので、ネット通販を利用してもいいですね。





まあ、集落のような田舎は、村八分が多いので、移住者が多いエリアか、地方都市の中心部あるいは、県庁所在地が精神的に安心できると思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です