スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

またさらに血の気が引いた値段のデジカメ






引用先:130万円超1億200万画素のカメラが5位に登場!! 首位はZ 6が堅持|CAPA編集部

こんにちは、川上真鶴です。

前回のブログで、サイバーショットRX02の値段で血の気が引きましたが、またこの記事を見て血の気が引きました!

私が好きなデジカメのメーカーである富士フイルムから発売のGFX100という、中版サイズのミラーレスデジタル一眼レフが、画素数も一億200万画素もですが、実売価格が130万円にはまさに血の気が引きました!

サイバーショットRX02の8万円台はまだまだ甘かった!





私が知っている範囲では、Canonのイオスのデジイチは50万円台というのは価格.comで見たことはあっても、100万円台ってヤフオクの世界でしたから、実売価格で100万円台はびっくりを通り越して血の気が引きました。

価格:1,321,700円
(2019/7/13 01:28時点)
感想(0件)


私のパートの年収よりウン十万円少な目とは言え、私にとっては一億円でデジイチを買うような感覚だわ!

でも、Wi-Fiもあるからスマホに転送できるし、Bluetoothもついていてなんで、カメラマニアの人間にはとってはほしいと思います。

価格.comの口コミを見たら、実際に買った方のレビューがありましたが、この人はカメラが趣味の一般の方のようです。





ブログの写真は、確かにカメラは必須だし、機能も重視とは言え、そこまでお金は出せないと思いました。

それに荷物になるから、スマホのカメラやコンデジで充分な気がします。

カメラマンのブログではないから、撮影の基本をしっかりしていたら、どんなカメラでもいいと思う。

最低限、手ぶれ補正の機能を重視です。

無理して高いカメラをブログのために買うことはないと思います。





カメラはやはり、使いなれたものを使うべし。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です