スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

宅配便の社員さんのことも少しは考えてほしいものだと思った件






引用先:佐川急便「居ないのなら配達指定しないで下さい」→ 不在票メモをツイッターで公開したツイ民に賛否

こんにちは、川上真鶴です。

私も通販やフリマサイトで購入のとき、宅配便さんにお世話になりますが、このツイッター見て、1回ならまだしも、何回も不在は、そりゃあ佐川急便さんもブチギレるの分かる。

私の自宅の佐川急便の担当は、旦那の知り合いの人なので少々の融通は聞いてくれますが、私は時間指定した場合はその時間の間は風呂に入らず家にいるようにしています。

最近は通販が流行りだして、宅配便さんの疲労がピークに達していて、料金の値上げや、一部の時間の配達時間の指定の廃止にもなったりしたほどです。

後、時間指定しても、この日はいそうにないなら、日にちも指定するようにし、その日は用事は入れずに在宅するように心がけています。





それで何度も不在票入れるほどになったら、そりゃあ、店舗まで取りに来いとか、時間指定しないでくださいって書きたくなりますよ。

いくら人見知りでも、宅配便の配達員さんと話す時間は重いものでない限りは1分以内で終わるから、それぐらいは我慢してほしい。

私は配達員さんと話すのは別に苦ではないし、ヤマト運輸の配達員の一人も旦那の知り合いなので、配達してもらうのもなんだか申し訳ないほどです。

テレビでも特集が組まれたほど、宅配便の配達員さんの仕事はキツいのです!

通販を利用するからには配達員さんのことも考えてほしいです。





私も気をつけなければいけないと改めて思ったコラムでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です