スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

引き止めポイント






こんにちは、川上真鶴です。

最近のスマホは、機種変は本当に値段が高くなりましたね。

MNPが規制が入って来はじめたとは言え、未だにMNPは優遇されてますね。

それでも使いなれたキャリアはずっと使いたい。

そんな皆さんに、引き止めポイントがあるのはびっくりしたことでしょう。





私はSoftBankを使っていたとき、初めて引き止めポイントというものを知りました。

ただ、引き止めポイントをもらう時は、キャリアのMNP専用番号に直接電話しないといけません。

私は、あのときは、Galaxy S6 edgeがSoftBankから初めて出たので、勇気を出してSoftBankにMNP専用番号に電話しました。

ネットでの情報を元に、本当にMNPするふりをしないといけないとか、引き止めポイントがもらえることになったときは、大袈裟でもいいので驚くことなどうんぬんとありましたが、要するに、引き止めポイント下さいとは間違っても言わないことです。





オペレーターとのやり取りで、MNPの理由を聞かれたり、どこのキャリアに移るかなど聞かれます。

今は格安スマホに移るとは言わない方がいいらしいです。

サブブランドを案内される恐れがあるからです。

例えばSoftBankならY!mobile、auならUQモバイルとか。

だから、auから他に移るときは、ドコモかSoftBankと言った方がいいらしいです。





どの機種にするか聞かれることもあり、そのときは、例えば、iPhoneが向こうのキャリアの方が安かったとか、私なら、Galaxyが向こうのキャリアが一括ゼロ円キャンペーンしてたなんて言うと思います。

それからオペレーターさんの対応次第ですが、ちょっと待ってくださいと言われたら、もしかしたら、引き止めポイントがもらえるかもしれません。

私はSoftBankの時は、こんな感じで引き止めポイントもらいました。

ただ、個人差があるから、全員が全員と言うわけではないです。





私はたまたまもらえましたし、AQUOS R Compact の時は、うろうろポイントがついたので、それで機種変更しましたが、auに戻るときは、断固として断って、乗り換えたわけです。

今のGalaxyは、しばらく使うので引き止めポイントもらう時は、再来年以降になろうかと思います。

今はauは、引き止めポイントならぬ、引き止めクーポンらしいです。

人によっては、機種が激安で提供の場合もあります。

結論!

機種変更の時は、MNP専用番号にかけて引き止めポイントをもらって得をしよう!





最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です