スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

凹むほど辛いことがあったら




こんにちは、川上真鶴です。

タイトルが深刻すぎてすみません。

あなたは辛いことがあったとき、どうしていますか。

私は時々何か辛いことがある時に死にたいと思うことがあります。

例えば、会社の上司にこっぴどく怒られたり、プライベートのことを根掘り葉掘り聞かれたりとか、誰かに怒られたりなど。



でも、死にたくても死ねない。

私には愛する家族や気心知れた友人がいるから。

その人たちのことを考えると、思い止まります。

しかし、今回は、同じパート先の人に余計なことを言われて凹みました。

内容はおおざっぱにいうと、プライベート関係です。



なぜここまで言われなければいけないのか。

なぜパート先の人は人のプライベートに突っ込むのか。

死にたくなる。

私はそこまで暇ではない!

他人のプライベートなんか興味ない!



余計なことを言う人は暇人かよと思う。

まだまだ立ち直れてない自分。

死にたいと思ったけど、愛する家族や気心知れた友人のことを思うとできない。

皆さんはどうやって立ち直ったのでしょうか。

パート先に行くのは嫌だと思う。



しかし、休むわけにもいけないので、頑張って行くしかない。

悲しくて悲しくてたまらない!けどパートに行かないと生活できない。

辛くて辛くてたまらない。

日本では、精神がやられたら本当に生きづらい国だ。

田舎になればなるほど生きづらい。



いつになれば生きやすい国になるのだろう。

これでは真の意味の平和でない。

真の意味の平和はいつになれば訪れるのだろう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です