スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

ライターの契約打ちきり!




こんにちは、川上真鶴です。

私はライターの仕事も掛け持ちでしていますが、今は複数のクライアントさんから仕事をいただいていますが、うち一つのクライアントさん(仮にA社とします)から契約打ちきりの連絡が入りました。

私の場合、現時点では昼間はパートなので、ライティングの仕事となれば、夜かパートが休みの日になってしまいます。

それで複数と掛け持ちでとなると、週に1記事ずつがやっと。

A社が、記事を出すペースを早くしたいという考えで、ライターの人員整理をするとのことで、私は運悪くリストラ対象になりました。



もう仕方ない。

このA社のライティングは、個人的には書きにくかったし、かえって良かったかも。

このA社は、フリーランスあるいは専業主婦、あるいは無職で時間が沢山ある人向けですね。

昼間に仕事をしている人向けではないですね。

他のクライアントさんは、優しい方なので、現時点では打ち切られてはないですが。



たまたまA社は報酬も安いし、私が書きやすいと思っているクライアントさんの方が少し値段がいいです。

報酬が安いのに、品質のいいライターさんに任せるなんて、と思ったけど、逆に品質のいいライターさんは、よそに引き抜かれてるだろうしなあ。

クライアントさんとの相性は大事だなと改めて思います。

フリーランスになったら、毎日時間があるのでバンバン書けるのにと思う。

また、自分に合うクライアントさん探しが始まります。



でも、フリーランスになる前に契約時打ちきりを経験して良かったかも。

フリーランスになってから、いきなり契約を打ち切られたらショックはその分大きいし、改めてライティングは大変だけど、もっと腕を上げなければね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です