スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

面接は本当に難しい



引用先:マツコ、候補者の長所を聞く採用面接に不信感「世の面接をしている人たちは本質を見抜けない」(キャリコネニュース) – BLOGOS(ブロゴス)

こんにちは、川上真鶴です。

面接とくれば、必ずと言っていいほど、面接官は「あなたの長所は何ですか?」って聞きますね。

これって本当に難しいですね。

長所は裏を返せば、短所にもなるのですから。

学生時代の友人は「長所でもあり短所でもある。」と言っていたから。



マツコさんのそのテレビは、四国では映らないのでコラムでしか判断できませんが、面接のプロでない人間が面接官なら、本当に見抜くのは難しいと思います。

面接される側は、今では面接のマニュアル本が巷で売られていますから、マニュアルを参考にして、その会社に採用になろうと、自分を作る傾向があります。

口がうまい人ほど面接には有利なので、コミュ障は本当に不利で、口のうまさに騙されて、優秀な人材が集まらないという悪循環。

コミュ障の人は人のつてを頼らざるを得ない状況なのです。

コミュ障の人ほど、仕事は真面目に取り組んで頑張るので、優秀な人材を逃すのは本当にもったいないなと思います。



コミュ障のための面接本を購入した私は、面接というものは本当にそこまで重要でないと知ったし、敢えて言うなら、面接態度がいいかどうかが重要だと勉強になりました。

きちんと座ってじっと動かず、ゆっくりと受け答えすることが大事だということ。

何もかにもアピールし過ぎないことですね。

面接は何を言われるか分からないから緊張するのは当然です。

緊張するということは、面接にしろ何にしろ真面目に取り組むというサインなのです。



優秀な人材を逃さないためにも、面接のプロでなくても、面接担当になった場合、面接態度に注目するのがいいのかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です