スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

オールシーズンタイヤ2




こんにちは、川上真鶴です

オールシーズンタイヤの続きになります。

前回は、ファルケンのユーロウィンターH449をポチしたところまで書きました。

通販でタイヤを買い、取り付けは、直接タイヤ屋さんに送ることもできますので、備考欄に書くとよいです。

そして、タイヤ屋さんにタイヤの取り付けの予約をして、私は到着予定日は大学病院にいく日でしたから、何日か後を伝えてから電話を切りました。



例の西日本豪雨と重なったので、予定より少し遅くなりましたが、仕事の後、タイヤ屋さんに寄って、タイヤを取り付けてもらいましたが、今回は直接組み込んでの取り付けでしたので、トータル1時間はかかりました。

取付料は、1本あたり1500円で、バルブ代とタイヤ処分料込みで、今回は4本取り付けたので6000円。

タイヤは、セール品で買ったので、1本4000円×4本の16000円なので、合計で22000円でオールシーズンタイヤに変身することができました。

家に帰って、旦那が運転してみたいと言ったので、外食がてらに旦那の運転でガストに行ったのですが、行く途中の道で、

「思ったより静かだね。」と言ったので、買ってよかったと思いました。

見た目はスタッドレスみたいだとは言っていましたが…。



それから今年の7月で1年になりますが、まだまだ大丈夫だし、今年の6月に車検なので車検は通ると思うのですが、次に取り替えるときは、Vector 4 seasonSになるかもです。

ユーロウィンターの取り扱っているところが減ってきたので、選択肢はVectorのみになるだろうと思います。

しかも、Vectorの方がサイズが豊富なので、普通車に替えた時、タイヤに困らなくて済むから。

ユーロウィンターは、一般的なサイズしか扱っていないので。

Vector 4 seasonSはロードノイズが大きいという口コミも聞きましたが、それは個人差があるので、何とも言えません。

今年の冬は、雪が降らなかったので、雪での走行の感想が書けないのは辛かったけど、過信しすぎもいけないので、多分、ノロノロ運転で行くかもですね。



まあ、オールシーズンタイヤは、あまり雪が降らない太平洋エリア向けと言ってもいいでしょうね。

雪が降りやすい、あるいは道路が凍結しやすいエリアはスタッドレスにチェーンを!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です