スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

オールシーズンタイヤ




こんにちは、川上真鶴です。

このブログを立ち上げる前の、去年の7月に、車のタイヤが交換時期に差し掛かってきたのを機に、オールシーズンタイヤの、ファルケンのユーロウィンターH449に取り替えました。

こちらのバナーは、一般的な軽四サイズのタイヤです。

価格:7,070円
(2019/3/31 22:57時点)
感想(0件)


なぜオールシーズンタイヤにしたのか。

去年の1月から3月の間、愛媛の田舎は珍しく雪が何度か降り、サマータイヤをはいていた私は、通勤の時、早めに家を出てノロノロ運転をしないといけなくなり、怖い思いをしながら仕事に行きました。

しかし、スタッドレスは値段も高ければ取り換えも面倒。

さらに私の家は旦那の名義の借家なので保存場所も困る。

それならオールシーズンタイヤ一択だ。

というわけで、最初はグッドイヤーのVector 4seasonSが検索ですぐ出たのでそっちにしようと思っていました。

価格:7,280円
(2019/3/31 23:14時点)
感想(0件)

しかし、最寄りのタイヤ店では取り扱っていなくて、持ち込みで取り付けは、かなりの金額を取られたり、イエローハットやオートバックスなどのチェーン店は断られることがほとんどなので、持ち込みもOKのところでかつ値段が安いところを探さないといけないので、本格的に交換する3か月前から、自分の条件に合うタイヤ屋さんや、楽天で4本での値段が最安値でかつ送料込みのところを探していました。

私のパート先の近くにタイヤ専門店があり、電話で問い合わせしたら、通販で買ったやつもOKと返事があり、軽自動車は、一本につき1500円(廃棄料金やバルブ代込み)とのことで、通販で買うことにしました。



最初はベクター4シーズンズでいくことにしましたが、ファルケンのユーロウィンターH449が一本4千円で売られている所があったので、さらに、ファルケンのタイヤにチャレンジしたいと思い、思いきってユーロウィンターを4本ポチしました。

続きは翌日にて。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です