スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

新しい元号が発表されるまで1週間切りました




こんにちは、川上真鶴です。

新元号の発表まで1週間切りましたね。

明治になってからは、天皇陛下が崩御されてから新しい元号が発表となっていましたが、今の天皇陛下が生前退位ということで、皇太子さまが新天皇に即位される1月前に発表となりました。

それで企業や官公庁などではシステムの変更作業が始まっていますが、新元号の名前が決まらないと仕事になりませんね。

新元号となると、免許書の更新や、税金などの支払いにも影響がありますね。



私も今年車の免許の更新ですが、早くても5月の中頃なので、もう新元号で更新。

更新のお知らせのはがきが免許センターから来るはずですが、忘れてはいけませんね。

新元号に関する詐欺事件も報道されたので、(確か、皇室関係の写真集だったと思う。確か8万円で買ってという内容でした)特にご高齢の方はご注意くださいね。

私が生まれて元号が変わるのは2回目。

私は昭和の後期に生まれて、小学校の時に平成に変わりました。



平成の間は、私もいろいろあり、平成の最後の方で結婚できたのは嬉しかったです。

子供も一人ですが授かったのも嬉しかったです。

仕事の方は、就職氷河期だったのもあり、就職には苦労しましたが、途中からですが、正社員での仕事に就けたことはラッキーな方と言いようがないです。

結婚で正社員の仕事を手放したのはつらかったですが、就職氷河期で、山一証券が自主廃業で倒産したり、銀行もいくつか倒産したのを見ているので、民間企業も倒産するときはするものだと思ったのと、もし正社員で働いていても、業績悪化でリストラや倒産するときもあるので、それを思えば、手放した方が良かったと思う日が来るかもしれません。



新しい元号はどんな時代になるのでしょうか。

少子高齢化で人手不足で、AIの開発が進んで、RTAで事務の仕事が自動化されて、逆に人があぶれだすのではないかと気になるところです。

人手不足だからこそ、就職氷河期の世代の人間をその分採用してほしいものですね。

何はともあれ、みんなが暮らしやすい社会だったらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です