スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

東日本大震災から丁度8年




こんにちは、川上真鶴です。

今日は東日本大震災から丁度8年です。

そして、福島第一原発の事故が起こった日でもあります。

あの震災は、私にとっても衝撃的でした。

今でも完全に復興ができていない地域があり、8年たった今でも震災の影響を受けている方々がいます。



東北出身の有名人の方でも、被災した方もいたり、身内を亡くされた方もいて、今でも心が痛みます。

福島は、今でも原発事故の影響でまだ避難指示が解除されていない地域もあり、故郷に帰れない方もいらっしゃいます。

私も、当時勤めていた会社の仙台の支店が被災し、社員は全員無事だったものの、お客様にご迷惑をかけてしまいました。

日本の太平洋の沿岸地域にも津波警報や注意報が出て、私の会社も、忙しかったのにも関わらず、強制で定時で帰らされましたが、テレビを見ると、想像を絶する光景を目の当たりにしました。



そして、今後起こりうるであろう、南海トラフの巨大地震のことを考えないといけないと思いました。

8年たった今日、徐々に復興しつつありますが、完全に復興ができるのは本当にいつになるやらです。

本当の復興っていったい何でしょうか。

本当の復興は、私が思うには、ライフラインを整えることを前提に、みんなが住み慣れた故郷や地域に戻って暮らすこと、そんな気がします。



復興庁もどこかの部署に再編するという話も出ていますが、まだまだ道半ばなのに、本当にみんなが幸せに暮らせるのかなと思います。

福島原発の事故後の後片付けが完全にできるまでは復興庁は残して欲しいです。

今でも避難指示が解除されていない地域があるのだから。

そして、今後起こりうるであろう、南海トラフの巨大地震の件もあるから、東日本大震災の教訓を生かして、何らかの対策をする部署も作って欲しい、そう思います。



災害は忘れた頃にやってくると言いますが、私たちも何かできることがあれば、実践して、災害に備えなければいけないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です