スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

日本では社会に出ると正直大変




引用先:社会不適合者なら、フリーランス的な生き方もあり【無理しない人生】

https://manablog.org/freelance-socially-unfit/

こんにちは、川上真鶴です。

マナブさんという方のブログを読んで、日本の社会は改めて、いわゆる発達障害の方には優しくないなと改めて思います。

私は社会に出て約20年になりますが、未だに企業は完全週休二日制を導入している所は少ないですね。



田舎であればあるほど、完全週休二日制を導入している所は正直少ないです。

他の国は、マイペースと言ったら語弊がありますが、日本のようにせかせかしてないし、日本人は働きすぎと言われていますね。

特に発達障害の方には正直優しくない。

そして、会社を退職する理由のほとんどが人間関係という現実。



それを考えると、フリーランスは働き方、生き方の一つですね。

私も今は職場に出勤するスタイルは好きではなくなりました。

しかし、日本は未だにフリーランスには優しくないですね。

報酬が安いし、生活していくには沢山仕事を取ってこなさないといけない。

田舎も仕事が限られるからみんな都会に出る訳ですが、都会も都会で、満員電車地獄が待っていますし、その他もろもろと精神的に消耗してしまう環境にあります。



日本の良いところは、世界でもトップクラスで治安がいいぐらいでしょうか。

働き方改革と叫ばれていますが、中小企業は完全週休二日制を導入しないばかりか、定年を延ばすのに消極的だったり、未だに女性の活躍を広げるチャンスがなかったりと、ハッキリ言って、先進国でも遅れています。

そして、子育てもしにくい環境です。



少子高齢化と人生百年時代に突入したのに、人手不足の中、障害がある方に理解がなかったり、フリーランスの待遇を良くしなかったり、定年を延ばすのが嫌だと言っていたら、人手不足倒産になりかねません。

このままでは、日本は終わりになりかねません。

今では、海外の技能実習生は、日本は嫌だと言う人が多いですよ。

それなのに、今でも働きにくい環境のままでいたいのでしょうか。



安倍総理大臣にも頑張ってもらいたいものです。

みんなが笑顔で暮らせる社会を目指して欲しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です