スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

稀勢の里の引退




こんにちは、川上真鶴です。

今朝、あの、横綱の稀勢の里が引退を発表と日本列島を駆け巡りました。

稀勢の里は、だいぶお久しぶりの日本出身横綱となりましたが、大関の時は休場したのいつだったっけ?と言うくらいほとんど休場しなかったのでも有名ですね。

しかし、取組の時に、大胸筋を怪我して、その中で横綱を手にしたのは立派ですが、大胸筋の怪我が効いたのか、横綱としては確かに役割は果たせなかったのでしょうが、私としては頑張って欲しかったので残念な気がします。



横綱が外国出身者を占める中で、日本出身の横綱は貴乃花(元貴乃花親方)以来なので、私としては負けても負けても頑張って欲しかったです。

そして、相撲協会や横綱審議委員会も過度なプレッシャーをかけすぎです。

しかも、3敗目の相手が、私と同じ高知出身の栃煌山なので、何だか複雑です。

大胸筋の怪我がなければと思いました。



引退後は荒磯親方として、後身の指導に当たるとのことで、この点では、相撲協会に留まるのはホッとしました。

荒磯親方になってからは、怪我をしないような指導を田子ノ浦親方と一緒にして、関取を輩出して欲しいものです。

とにかく、まずは完全に怪我を治してから、親方の仕事について欲しいものです。



しかし、日本出身横綱として大相撲を盛り上げてくれたことに感謝して、まずはお疲れ様でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です