スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

USキーボードのパソコン




こんにちは、川上真鶴です。

先日、経済的に余裕ができたら、SSD入りのメモリが8GB以上のノートパソコンを買おうと思い、某フリマサイトを見ていたら、ヒューレットパッカードの、送料込みで2万円切っていて、かつSSD入りでメモリが8GBのノートパソコンが出品されているのを発見しました。

そのときはいいねマークを付けて、もう少し安くなったら購入しようと考えていました。

しかし、写真と内容をよく読んでみたら、キーボードがUSキーボードではあ~りませんか!(チャーリー浜風に)

要するに、USキーボードは、英語と記号のみの文字が入っているキーボードのこと。

日本向けのパソコンは、キーボードに日本語もふってあるのでそれが普通だと思いますよね。

USキーボードは英語と記号のみなので、日本語に変換するとき、半角全角ボタンがない上に、Altボタンプラスどこかのキーボードを押さないといけないので手間がかかるし、ブロガーやライターには効率が良くないなあと思い、夏ごろに買った中古のレッツノートで我慢する事にしました。

日本人のブロガーライターは、日本語が書かれてあるキーボードが使いやすいです!

レッツノートもメモリが8GBでHDDですが、起動は家にある昔のVista時代のデスクトップのバイオよりは早いし、危うく無駄金使うところでした(汗)

結論!

日本人は日本語のキーボードを使いましょう!

ラモス瑠偉さんの「日本人はお茶漬けやろ!」のCMではありませんが(古いですね)、自分の母国の言葉が書かれてあるキーボードを使って操作をする方が時間的に効率が上がります!

見栄を張ると後でボロが出ます!

USキーボードがいいという方は、操作の面で効率が悪くなるリスクを覚悟して購入しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です