スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

耳たぶの裏が痛い(泣)




こんにちは、川上真鶴です。

先週の水曜日ごろから左耳の耳たぶの裏が痛痒いと思い、触ってみたら、少し腫れていました。

その時は、まだ蚊がブンブン飛んでいる時期でもあるので虫刺されかと思っていました。

しかし、3日後の先週土曜日になっても左耳の痛痒さが治まらないし、腫れも引いてないし、それのせいかどうか分からないですが、左の首筋も鈍い痛みが出たり、左肩も凝ったりと、虫刺されにしてはおかしいと思い、「耳たぶ しこり」と検索して調べました。

まだ病院には行ってませんが、粉瘤(ふんりゅう、アテロームとも言います)って聞き慣れない名前の病気(皮膚の良性腫瘍の一種)を見つけました。

どうも、垢が溜まりに溜まってそれでしこりに変化して炎症を起こすとのことで、耳だけでなく、首やお尻とかにもできるようで、皮膚のあるところならたいがい出てくるようです。

ストレスでいきなりしこりができる人もいるようで、私も仕事のストレスもあるので、それも一部あるかもと思いました。

しかし、大学病院に行く日は26日なのでそれまで我慢できるかしらと思いました。

耳たぶなので耳鼻科なのか、粉瘤だったら皮膚科か形成外科なので、こればかりは先生に言わないと分からないですが(汗)

実家に帰ったときに母に耳たぶのしこりの話をして、26日に大学病院に行くのでその時に診てもらうと伝えました。

それにしても少しだけど耳たぶの違和感は治らない。

また鼻の手術に続いて入院になるだろうなあ。(ため息)

粉瘤の手術は、日帰りでもできる病院があるようですが、私の性格だと、完全に治したいのが大きいので入院を選びますね。

日帰り手術の後にまた通院は正直キツイと思います。

鼻の手術の時は、入院にして正解だったほど、退院後の通院は、来年にまた来てと言われたほどですので(苦笑)

それが日帰りならば、2~3日の間は鼻に細長いコットンを詰められた状態で家にいたり仕事に行くのは、たとえ家が好きでも仕事が好きでもキツイです(泣)

まだ病院に行ってないので病名は分かりませんが、ガンでないことを願うのみです。

40代に突入したので、そろそろガンのことも生活習慣病のことも考えないといけない年齢になりました。

もししこりらしきものが見つかったら、早めに病院に行きましょう。

病気は早期発見、早期治療です。

取り返しのつかないことになる前に。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です