スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

民間の医療保険について




こんにちは、川上真鶴です。

本日は民間の医療保険の話をしたいと思います。

私は、全労済メットライフ生命と、少額短期保険のフローラル共済に加入しています。

この3つの保険会社について、加入した理由やメリットデメリット等を書いていきます。

1.全労済

全労済はお馴染み、向井理さんのCMで有名ですね。

私はプランは医療安心タイプに加入しています。

私は長男を出産の時、緊急で帝王切開になり、当時は加入していませんでしたが、二人目を考えたとき、もしかしたら次も帝王切開の可能性も出てきて、アレコレ調べて、このプランは、一度帝王切開をしても、加入後に1年以上経って帝王切開になってしまった時、申請すれば手術給付金と入院給付金がおります。

他の保険会社は、引受緩和型を除いて、5年以上経たないと加入できないし、加入できても、一定期間、不担保と言って、ここでは帝王切開に関しては保険はおりませんよとなります。

しかし、加入して2年以内に入院手術をした場合、病気怪我の内容によっては、自己申告書を出さないといけないです。

私は先日の鼻中隔湾曲症で、2015年頃から睡眠時無呼吸症候群の症状を指摘されたりうんぬんと診断書に書かれていたので、それで全労済は気になってなのか、自己申告書を書いてくれと送ってきました。

加入後に症状が出てきた場合は、もしかしたら自己申告書は書かなくてもいいかもしれませんが、念のため、加入後2年以内に入院した場合は注意が必要です。

保険金詐欺が後を絶たないのは分かりますが、告知事項に書いた病気怪我とは全く関係ない、加入後に病名がついて入院した場合は、申請があればすぐ支払ってほしいものですね。

病院に行くまでは病名は分からないのですから。

※自己申告書を9月17日にポストに投函した後、9月25日に振り込まれましたので、問題がなければ振り込みは思ったより早かったです。

医療安心タイプは、59歳まで加入はできますが、60歳になると満期になり強制で保証は終わります。

2.メットライフ生命

スヌーピーや「持病があっても入れる保険」でお馴染みのメットライフ生命

昔はアリコジャパンという名前でした。

外資系の保険会社です。

私はフレキシィゴールドSという、引受緩和型のプランに入っています。

私は60歳までの保証の理由で正直全労済をやめようと思い、終身型でこのプランにしました。

他の保険会社の引受緩和型のプランは、加入後に1年以内に入院手術をした場合、保険金は半額おりるのに対し、メットライフ生命のこのプランは1年目でも全額おります。

そして、40日以内の入院なら、所定の書類と病院の領収書と診療報酬明細書のコピーを出せばOKなので、診断書代がいりません。

私は鼻中隔湾曲症の入院の時は、5泊6日でしたので所定の書類と診療報酬明細書のコピーと病院の領収書のコピーでOKでした。(どちらかでもOKですが、私は念のため両方のコピーを出しました)

全労済も加入期間が長ければ、他社の診断書や領収書と診療報酬明細書のコピーでもOKですが、私の場合は加入して2年以内でしたから診断書が必要でした。

後、スマホのアプリでも保険金の申請ができるようですが、入院と手術と両方の場合はやはり所定の書類や診断書が必要ですね。

引受緩和型の保険は、私は自信をもってメットライフ生命をお勧めします!(笑)

3.フローラル共済

これは少額短期保険という、いわば、税務署での確定申告の時に使えない保険です。

私が結婚前に加入した保険ですが、入った理由は、自然分娩でも保険がおりるからです。

少額短期保険では、会社とプランによっては自然分娩でも保険がおりるのがいくつかありますが、フローラル共済は、入院給付金のみですが、入院給付金の金額が加入時に40歳未満でしたら、月額5000円の保険料で1日当たり2万円がおります。

40歳から50歳までは16000円と減額されますが、それでも1日当たりの金額からしたら多いです。

しかし、加入して1年以内に入院した場合は、半額になりますので注意してください。

私は長男の時は相部屋でしたが、帝王切開で3週間入院したので、出産一時金プラス10万円ちょいでしたが、加入して1年以内でしたが、それでも21日入院で21万円おりたので足が出た分を賄える金額でした。

女性の皆さん、結婚が決まってもそうでなくても妊娠してなかったらすぐ加入した方がいいですよ。

出産は思った以上にお金がかかりますから!

他の病気やけがの入院の時にも使えますのでご安心ください。

1年間で最大30日分の入院給付金が受け取れます。

総評

私はメットライフ生命に加入して全労済をやめようとしたところに、結果的には鼻中隔湾曲症で入院になってしまったのでそのまま加入しています。

出産も含めて、入院は思った以上にお金がかかります。

フローラル共済は、50歳になる頃には辞める予定です。

年齢的に出産ってきついし(坂上みきさんのまねはできません)、50歳を過ぎたらさらに入院給付金が1万円に下がるので、辞めるあたりに入院になったりしない限りは正直5000円はきついし割に合わないなと思いました。

最近は限度額適用認定証があったり、厚労省の指導で入院期間も短くなっているので、貯蓄が得意な方は保険に加入しなくてもいいかもしれません。

私みたいな貯蓄が苦手な方は、医療保険に入った方がいいかもしれません。

病気怪我はある日突然来ますからね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です