スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

ペンネームの決め方




こんにちは、川上真鶴です。

ブロガーやライターや小説家や詩人とかの物書きの仕事での名前はペンネーム(筆名)というのはご存知かと思いますが、ペンネームの決め方ってどうするんだろうって悩みますね。

私も実は悩みました。

SNSのようなハンドルネームも考えたことがありますが、本格的にライターや小説家になるかもしれないということを考えると、苗字プラス名前が見た目も印象がいいですね。

例えば、仮にSNSのハンドルネームをアップルとして、アップルとしてブロガーのみで活動ならいいかもしれないですが、本の執筆を頼まれることもあるかもしれません。

そんな時に、アップルのハンドルネームで執筆、出版ですと、何だか妙な印象を与えてしまいますよね(汗)

私の名前のように苗字プラス名前で本を執筆、出版なら、少なくとも私が何も知らない読者の立場でしたら、本格的な作家さんかな?という印象になりますね。

ブロガーも立派なライターと私は思っています。

なので、将来のことを考えて、これからブログを書くことになったら、ペンネームやハンドルネームは苗字プラス名前にしましょう。

本名である必要はありません。

むしろ、本名でない方が、何かあった時、トラブルはその分少ないかと思います。

ブロガーさんの中では、本業が会社勤めの人がいらっしゃいますので、それでは本名ではやりにくいですし、ペンネームで活動している人がほとんどかと思います。

有名な作家さんも、本名ではなくてペンネームの方もいらっしゃいます。

私が好きな作家の一人の森瑤子さんも本名が本で公表されているので書きますが、イギリス人のご主人と結婚される前は、本名が伊藤雅代さんです。

坊ちゃんの夏目漱石さんも本名が夏目金之助さんです。

芸能人も芸名と言って、芸能活動の時に使う名前があり、本名ではなくて芸名で活動している有名な芸能人もいますものね。

ペンネームを決める時も、占い師などに特に改名するように言われない限りは、長く使うものなので、自分がしっくりくるような、覚えやすくて、第一印象に残るようなペンネームにしましょう。

ペンネームや芸名やハンドルネームは、後で変えることもできますが、一度変わったらまた覚えてもらうのに一からやり直しになるので慎重にしましょう。

まあ、ペンネームを本格的に決めるまでがワクワクしてて楽しいものですね(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です