スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

ストークの更新




こんにちは、川上真鶴です。

先日、Googleアドセンスの申請前になりますが、ブログを更新がてら、ワードプレスの管理画面を見ると、更新①の表示があり、見てみると、テーマのストークのアップデートのお知らせでした。

いや、待てよ。

親テーマでブログを更新していたわ‼

大抵のブロガーさんは、子テーマもインストールして、子テーマで更新するように呼びかけているわ(汗)

親テーマでアップデートをすると、せっかくカスタマイズしたサイトがパーになり、デフォルト設定になるとかw(゜o゜)w

ブログを始めた当初、画面が真っ白になった経験があるので、泣きながら一旦消して、やり直してとした記憶があるので、そんな思いは二度としたくない(泣)

それでバックアップ用のプラグインの、UpdraftPlus Backupsを導入したところで、アップデート前にバックアップを取りました。

子テーマに設定して、ちゃんと表示されているか確認して、大丈夫でしたので、子テーマに設定した状態で親テーマをアップデート更新しました。

更新を終えて、親テーマに切り替えて表示をすると、あら、自分がカスタマイズしたとおりのサイトになっていてビックリでした。

それでもやはり、何時になるか分かりませんが、またアップデート更新があると思うので、安全のことを考えて子テーマでカスタマイズや更新をしましょう。

子テーマは本当に大事ですね。

そのために(かどうかは分からないが)親テーマと子テーマがあったなんて知らなかった(汗)。

あまりにも無知な私は本当に情けない(泣)。

親テーマで表示は、このブログを書いてる時点では、Googleアドセンスの審査で使いました。

親テーマで、テーマのヘッダーの編集部分で、アドセンスのコードを貼り付けたので、審査の結果が出るまではしばらくは親テーマとなります。

審査の結果が出ましたら、子テーマに戻してブログ更新とカスタマイズとメンテナンスです(笑)

最近は、SANGOってテーマが気になったりします。

1万円くらい支払いしたら、複数のサイトでテーマが使えるので、その点ではSANGOにするんだったなあと思います。

ストークは1つのサイトでしか使えないとので、お財布的には損ですが、慣れたらカスタマイズがしやすいので、1つのテーマで複数のサイトでお得に使えるSANGOか、カスタマイズのしやすさのストークを取るかどうかですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です