スポンサーリンク



成長因子の育毛薬

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

二足のわらじをはくということ




こんにちは、川上真鶴です。

二足のわらじをはくという言葉はよく耳にしますね。

二足のわらじのはくという意味は、分かりやすく言えば、仕事や役職などを一人で二つ掛け持ちすることです。

私も独身時代の若いときは昼間は仕事をしながら夜のアルバイトをしたこともありましたが、体を動かして、職場に出勤してというスタイルは、どんなに若くて体力があってもいずれは体を壊してしまいますね。

さらに一人暮らしだったから、自炊をする時間もなくて、外食かスーパーやコンビニのお惣菜やお弁当になってしまって結局は食費が上がってとあまりいいことはありませんでした。

正社員で仕事に就いたときは、二足のわらじをはくようなことはしなくても生活できるようにはなりました。

今は結婚してフルタイムですが、社保完備のパートで働いていますが、今のままだと、これから子供にお金がかかるし、昇給も少ない。

しかし、子供がまだ小さいので、独身時代のように夜のアルバイトで職場に出勤して体を動かしたりはできない。

そんなときに、ブログを書いたり、クラウドソーシングやランサーズに登録して在宅で稼ぐ方法があることを知りました。

私は小さい頃から家にいることが好きです。

仕事が終わればまっすぐ家に帰りたい派です。

幸いなことに、私は20代前半にパソコンでインターネットデビューを果たしています。

中学の時は英文タイプでキーボードの打ち方も習っているので、入力するだけなら何とかなる。

私が二足のわらじをはく仕事は在宅でブログを書いたり、ライティングをすること以外ないなと思いました。

国の働き方改革の一環で、副業してもいいことになりました。

人生100年という時代と、少子高齢化の影響があって、仕事も人手不足でと、それで副業OKになったのかな。

さらに、フリーランスで働く人も増えて来ました。

日本フリーランス協会という団体までできたほどですから。

しかし、昼間は会社に出勤して、家に帰ってブログを書くのはまだ慣れていないのか、正直しんどいときがあります。

会社で休憩時間の時にブログを書くのも(下書き含めて)本当に勇気がいります。

会社も含めて出先ではスマホでブログを書くのでやはりスピードも落ちるし、しんどいときに横になりながらブログをスマホで書くのもスピードが落ちるので、私はブログやライティング一本でパソコンで仕事をする方が向いているなと改めて思いました。

ブログやライティング一本で稼ぐまでは二足のわらじをはく経験をしてというようなことを、とあるブロガーさんが書いていましたが、慣れていないときは正直しんどくて、個人的には稼げてない状態でもブログやライティング一本にしたくなる自分がいます。

まあ、職場に出勤するよりは全然いいし、しんどいときにはスマホでブログを書けるくらいに進歩しているので、慣れるまでの辛抱ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です